大阪府箕面市初の
ドッグトレーニング(しつけ)専門施設
「フィールファン」のブログ

フィールファンのことがすぐにおわかりいただけます!
ドッグトレーニングや犬のしつけ教室、ドッグデイケア保育の話題も


問題の根源を考える???

 

 

犬の問題行動というと、吠える、引っ張る、飛びつく、咬む、暴れる、破壊する、留守番ができない・・・・・・・・・・・・さらに細かく上げればキリがないですね<m(__)m>でも、そもそもなんでこんな事をするのでしょうか?

 

代表的な原因として・・・

 

①運動不足

②社会化不足

③ルールと管理の不足

④犬種の特性からくる行動

 

といった所でしょうか。

 

 

簡単にそれぞれを解説しますと、

 

①運動不足

解説も何もという感じですが、『日々の生活の中で犬にとって満足できるだけの運動量がない』ということ。

これは個体差(犬種、年齢、性格など)があります。

目安として、散歩から帰り、水を飲んだりした後に落ちついて休むようであれば良い散歩ができたと判断すれば良いでしょう。帰って来てからも元気いっぱいで暴れるようであれば足りないということです。

良くペットショップで「この犬は散歩へ行かなくても良いですから飼いやすいですよ」などと言われて購入した飼い主さんが、家で暴れて大変なんです・・・なんて相談に来られるのも珍しくありません。

犬は動物であって植物ではありませんから運動させなくても良いなどというはずがありません。

こと散歩は犬にとって刺激が沢山あり、五感をフル活用する時間でとても重要です。毎日お庭でボール投げだけをしていれば満足するようなものではありません。

 

②社会化不足

社会化とは『人間社会に対して不安や恐れのないように、また人間と関わる上で不安や恐れのないように経験させ慣らすこと』を指します。一般的に幼少期(3カ月齢程度)が最も慣らしやすく、生後4カ月以降は徐々に受け入れにくくなり、その後年齢を重ねるごとに慣れるまでの時間が必要となります。例えば触られると敏感に反応するのであれば嫌がらない程度に繰り返し触っては褒めてやり印象を変えてやる必要があります。人間に対して警戒するようであれば他所の人から食べ物をもらうなどして慣らします。この様に不安や恐れを取り除いておかなければ後々の問題行動につながるのです。

 

③ルールと管理の不足

家の中、散歩中、公共施設や病院などの人や犬の多く集まる場所、こういった場所での問題ではルールや管理が不足している場合があります。ルールとは飼い主さんが犬をコントロールすることで散歩中はこうしましょう、病院ではこうしましょうといったルールを犬に教え実行します。管理はクレートやハウスなどを活用するなどの物理的な行動の制限をすることです。ルールは犬に根気よく教えなければ理解させられませんし、扱う技術も必要です。そもそも生まれた時から人間都合のマナーを理解している犬というのは存在しません。ルールを教えるか管理するか、その双方が欠けているからこその問題行動でしょうね。

 

④犬種の特性からくる行動

これはその犬種特有の行動からくるものです。例えば牧羊犬種であれば車やバイクなどを追いかけようとしたりする行動が良く出ます。テリア種であれば小さな動くものに対して機敏に反応します。日本犬であれば縄張りを警戒し、知らない人は大抵すぐに受け入れません。こういった行動は誰も教えていなくても勝手にやりますよね。それだけにトレーニングのみならず、色々と手立てを考えて改善する必要があります。このように生まれ持った本能が原因で起こる行動が問題行動として相談されることも多いです。また、先天性のシャイなども問題になります。幼少期から非常に臆病であったりすると社会化するのに非常に苦労します。社会化のジャンルに入りますが、その犬の生まれ持った特性から問題行動に発展するという意味では同じかと思います。

 

 

さて、簡単に4つに分けて考えてみましたがいかがでしたでしょうか。

 

今問題に困っておられる方は、その問題はいったいどれに当てはまるか?を考えるだけでもどうやって改善していくかの指針を決められるのではないでしょうか。

 

単純に日々の運動不足で散歩の量と質を変えただけでガラっと変わるケースもあります。

運動欲求が満たされずに不満が多く問題を起こす犬は沢山いますからね。

飼い主さんが問題を部分的に意識し過ぎているだけで、実は根本は意外とシンプルな問題かもしれませんよ。

 

 

代表 ジョニー

この記事の投稿者

feelfun

について

ドッグトレーニング専門施設「フィールファン」代表 ドッグトレーナー。
犬の内面や行動などを理解し心理的な部分からの問題の改善、飼い主さまと愛犬とのあいだに良き信頼関係を築くことに強いこだわりを持つ。

最近の記事一覧

シェア、お願いいたします!

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事にご興味がございましたら、ぜひシェアくださいませ!

コメント、お待ちしております!

この記事へのコメント、フィールファンへのコメントなどなど、コメントをお待ちしております!お気軽にどうぞ。
必須 が付いた項目は、ご入力必須項目となります。



(記入例:ご自由にご入力くださいませ。)

必須項目をご入力いただきましたら「送信する」ボタンをクリック(またはタップ)くださいませ。



(記入例:ニックネーム)

Facebookをご利用の場合は以下からコメントをどうぞ!

フィールファン代表 ドッグトレーナー
黒木敬史(Takashi Kuroki)からのご挨拶

初めてフィールファンにご来店のお客様へ。
フィールファンの、問題を改善するための取り組み方について。


フィールファン代表 ドッグトレーナー 黒木敬史(くろきたかし)

フィールファンにご来店いただき、誠にありがとうございます。

愛犬の問題をどうにかして改善したいとお考えの飼い主さまは多くいらっしゃいます。「どこかの施設に預ければ改善される」、「インターネットや本に書かれているような裏ワザ的な手法をおこなえば改善される」などとお考えの飼い主さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このような方法で問題を改善しようとしても、良い結果・効果は得られません。問題を改善するためには、飼い主さまと愛犬との関係、生活環境、年齢、犬種、性別、経験など、問題となる多くの要因を変えていかなければ、良い結果・効果は得られないのです。

フィールファンでは、このように数多くある問題の要因を発見し、生活環境を整え、飼い主さまと愛犬との関わり方をご理解いただき、信頼関係をより築いていくトレーニング(しつけ)で、問題の改善を実現いたします。

資格認定証明書

PSG認定コンパニオンドッグトレーナー範士証明書

PSG認定
コンパニオンドッグトレーナー範士

愛玩動物飼養管理士証明書

愛玩動物飼養管理士

フィールファンメディア

無料ご相談


「問題をどうにかしたいけど、何をすればよいかわからない」などのお悩みや、その他ご相談をお考えの飼い主さまに。まずはお気軽にご相談くださいませ!

愛犬の状態や生活環境などを細かくおうかがいし、飼い主さまと愛犬に最適なトレーニング方法をご提案させていただきます。

お問い合わせ


ご不明な点がございましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせださいませ!フィールファンへのご意見・ご感想もお待ちしております。

愛犬に関すること、ご質問、ご意見、ご感想などなど、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。