大阪府箕面市初の
ドッグトレーニング(しつけ)専門施設
「フィールファン」のブログ

フィールファンのことがすぐにおわかりいただけます!
ドッグトレーニングや犬のしつけ教室、ドッグデイケア保育の話題も


カテゴリー別アーカイブ: ジョニーの部屋(犬に関するお話)

頭では分かっていても・・・

 

こんにちはジョニーです。

 

 

涼しくなってきたのはありがたいことですが季節の変わり目は天候も不安定。

涼しいかと思えば、また暑くなり、ある日突然寒くなる・・・(-_-;)

折角の秋ですしできるだけ長く過ごしやすい気候を楽しみたいものですよね。

 

さて、こと人間の感情も天気や季節と同じでいつも同じとは言えません。

 

僕も気分の高揚するこ日もあれば落ち込む日もありますし、

時には何も考えずにぼーっと過ごしたいと思う日だってあります。

 

 

かく言う犬にも人と同じく感情があり人の感情を本当によく読み取ります。

(犬の能力ってすごいな~と感心することもしばしば)

 

 

同じように感情を持ち、お互いにコミュニケーションをはかることができる犬。

そんなコミュニケーション能力に長けた犬にも苦手なことがあります。

 

それは・・・

“私たちが普段使っているような人間語ではコミュニケーションを取れない”

という点。

 

 

要するに、

喜怒哀楽の感情は読み取れてもその理由を

私たちが言葉で説明することはできない

ということ。

 

 

感情的になってしまったとき、

「どうしてあなたはそんなことをするの?」

とつい言ってしまったことってありませんか?

 

人間ですからそのように自分の感情を言葉や態度にすることは自然なことです。

それ自体をイケナイことだと感じる必要はないと思います。

でも悲しいかな犬にはその言葉の意味を完璧に理解することはできないのです。

 

感情的になった時ほど人間の起こす行動は大胆にも消極的にもなります。

けれども残念ながら犬には正しくそのメッセージは届いてはいません。

 

突如乱暴になる飼い主・・・

なぜか弱弱しく不安そうな飼い主・・・

妙にイライラした様子や口ぶり・・・

 

感情は理解できるけれど、なぜそうなのか?

という原因についてまでは理解することはできないのです。

 

 

このように普段人間語を使わない彼らとフェアに付き合っていく上で、

 

“犬には人間の感情を読み取れても

その意味を理解することは難しい”

 

という事実をいつも忘れないようにしないといけませんね。

 

 

 

PS:

私の尊敬するあるトレーナーの先生に

『感情的になってしまったときはグッとこらえてトレーニングをやめてしまうべき』

と言われたことがあります。

はじめその言葉を聞いたときは感情を犬にぶつけても仕方がないという

“誰かから聞いた話” がすでに頭にあったので、大変失礼ながらも

『はいはい、解ってますよ』 としか思いませんでした。

しかしその時はほどなくして訪れました。

実際に感情的になる出来事が起きてようやくその言葉の意味を実感し、

自分は頭でしか理解していなかったと反省したことを覚えています。

それくらい、普段頭で分かっている当たり前のことでもいざというとき

自分自身をコントロールすることは難しいことです。

ですから頭で理解した上で、感情に任せてしまった時にそれを実感し

自分をコントロールするすべを日々学ぶしかありません。

慣れるまでは意識し続ける必要のある大切なことですね。

 

PPS:

感情に身を任せないためには感情が高ぶる状況を飼い主自身が理解しなくてはなりません。

その際、どのように対処や予防ができるか?を考えるクセをつけることで

自分をコントロールしやすくなります。

失敗を落ち込むのではなく次に起きた場合はどうするべきか?

と自身に問いかけ、そのために起こすべき行動を事前に考えることで

いざという時に焦って感情的にならずに済むのです。

 

犬に対して感情的になってしまうシチュエーションは大抵が

『予想していなかった事が起きたとき』 です。

ですから愛犬の過去の情報を利用して、

『予め想定し準備をしておくこと』が冷静でいられるポイントです( ˘ω˘ )

 

 

 

 

代表 ジョニー

この接し方どっちが正しい?

  段々と暑いと感じる日が増えてきましたね~!   ここ数日でけっこう焼けてきました(*_*;    さて、タイトルのように感じたことは皆さんもきっとあるのではないでしょうか??   レッスン中などで飼い主さんとお話をしていると、  「この方法は正しいのでしょうか?」  「こういうトレーニング方法を聞いたのですが本当に良いのでしょうか?」  このようなことを聞かれるこ…

ú続きを読む

100点じゃないとダメ??

    こんにちはFeel Funのジョニーです。  花粉?黄砂?PM2.5? 鼻がムズムズ、くしゃみが時折・・・ 年々軽くはなってきていますがこの季節はやっぱり苦手です(*_*;     さて、気が付けばそれなりに長く犬のしつけに携わる仕事をしていますが、 いまだに [100点] にこだわってしまうことがあります。     「えっ!?な…

ú続きを読む

最も簡単に問題を解決する方法

    Feel Funジョニーです。   徐々に暖かくなってきた今日この頃ですね。 同時に花粉の季節も到来(T_T) 去年は結構マシだったので今年も期待したいところですが・・・どうなることやら・・・。      さて、先日トレーナーの友人と会っていた時の話。   「ほんと困ってるんですよー。って言っている飼い主さんに限って “わざわざ問…

ú続きを読む

人と犬との心のつながり③

      さて今回で3回目となりました『人と犬との心のつながり』シリーズもこれで最後です。 これまでは、 <犬の認知能力>について、 そして<人と犬とが築くことができる絆>について お話ししました。     最後となる今回は、オキシトシンという脳内物質と絆形成の関係について。   オキシトシンを簡単に説明しますと、『幸せホルモン』などと言われる物…

ú続きを読む

人と犬との心のつながり②

    ついに寒波の到来ですね(>_<) 今年の冬はけっこう暖かいから案外余裕かな? なんていうのは甘い考えでした(*_*;   さて前回、 「人と犬との心のつながり①」 と題して、 犬の認知能力の一部をご紹介しました。   今回は犬と人との絆についてのお話。       さっそくですが、犬と人の関係はまず2種類に分…

ú続きを読む

人と犬の心のつながり①

  こんにちはジョニーです。   だんだんと冬のよそおい、世間はクリスマスモードですね。      さて、ちょうど二ヶ月ほど前に、 『ヒトとイヌ 共生の歴史が生んだこころのつながり』 というタイトルのセミナーへ行きました。   講師は 麻布大学の『菊水健史先生』。   菊水先生のお話は今回初めてお聞きしましたが、 犬の人に対する 【行動認…

ú続きを読む

基本なんだけど忘れがちな手順

  こんにちはジョニーです。    このところ寒い日が増えてきました(*_*;  風邪をひかないよう体調管理には気をつけないといけませんね。     さて、今回の本題へ。   タイトル通り、基本なんだけど忘れがちな手順についてのお話。     私が普段飼い主さんに指導する際、 「犬が分かるようにちゃんと教えましょう」、 「行動に…

ú続きを読む

フィールファン代表 ドッグトレーナー
黒木敬史(Takashi Kuroki)からのご挨拶

初めてフィールファンにご来店のお客様へ。
フィールファンの、問題を改善するための取り組み方について。


フィールファン代表 ドッグトレーナー 黒木敬史(くろきたかし)

フィールファンにご来店いただき、誠にありがとうございます。

愛犬の問題をどうにかして改善したいとお考えの飼い主さまは多くいらっしゃいます。「どこかの施設に預ければ改善される」、「インターネットや本に書かれているような裏ワザ的な手法をおこなえば改善される」などとお考えの飼い主さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このような方法で問題を改善しようとしても、良い結果・効果は得られません。問題を改善するためには、飼い主さまと愛犬との関係、生活環境、年齢、犬種、性別、経験など、問題となる多くの要因を変えていかなければ、良い結果・効果は得られないのです。

フィールファンでは、このように数多くある問題の要因を発見し、生活環境を整え、飼い主さまと愛犬との関わり方をご理解いただき、信頼関係をより築いていくトレーニング(しつけ)で、問題の改善を実現いたします。

資格認定証明書

PSG認定コンパニオンドッグトレーナー範士証明書

PSG認定
コンパニオンドッグトレーナー範士

愛玩動物飼養管理士証明書

愛玩動物飼養管理士

フィールファンメディア

無料ご相談


「問題をどうにかしたいけど、何をすればよいかわからない」などのお悩みや、その他ご相談をお考えの飼い主さまに。まずはお気軽にご相談くださいませ!

愛犬の状態や生活環境などを細かくおうかがいし、飼い主さまと愛犬に最適なトレーニング方法をご提案させていただきます。

お問い合わせ


ご不明な点がございましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせださいませ!フィールファンへのご意見・ご感想もお待ちしております。

愛犬に関すること、ご質問、ご意見、ご感想などなど、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。