大阪府箕面市初の
ドッグトレーニング(しつけ)専門施設
「フィールファン」のブログ

フィールファンのことがすぐにおわかりいただけます!
ドッグトレーニングや犬のしつけ教室、ドッグデイケア保育の話題も


タグ別アーカイブ: 自信

あなたは指示型?それとも委任型?

こんにちはジョニーです!

 

だんだんと天気が崩れる日が増えてきたように感じる今日この頃ですね。

 

湿度と気温の両方が高い日はホント犬も人もばてます(*_*;

 

 

さて、今回は犬の しつけ から見た “指示” と “委任” についてのお話し。

 

とても大切なことなのでぜひ覚えておいてくださいね。

 

さて、大半の方は指示や委任という言葉そのものを聞かれたことがあるかと

思いますが、念のため意味を確認しておきましょう。

インターネットで言葉の意味を見てみるとこのようにありました。

 

指示:これがそうだと、指でさして、または指さすように示すこと。

こうせよと指図 (さしず) すること。 

 

委任:事柄の実行や事務的な処理を他の人や機関に任せ、自分に代わってしてもらうこと。

 

 

“成長” について科学的に解説した書籍には

ステージによって『指示と委任を使い分けること』

がより成長を促進するために必要だ、と説かれていました。

 

では一体どのように考え使い分ければ良いのでしょうか?

 

 

行動と目的を理解させるためには指示が必要

初めて働いたことを思い出してみてください。

アルバイトであれ何であれ、最初は指示がなければ動けなかったはずです。

経験のないことを理解して行動へ移すためには指示してもらい

教えてもらわなければ何もできませんよね。

 

自分で考え行動できるようになるのは、上司なり先輩なりが何をいつどのようにすべきか?

を教えて経験させた後の話。

知らないことをいきなり考えて動け!と言われても出来るはずがありません。

そのような扱いが続くと嫌になってしまうだけです。

 

だからはじめに必要なのは「指示」なのです。

 

(そういう視点から見ると【自分で考えて行動できる人募集!!】と書かれた

アルバイト募集の広告なんかはどう考えてもおかしいですよね。)

 

 

段々と委任へ

指示を理解し行動を起こせるようになってくると

次は言われなくても状況に応じて行動を起こせるようになります。

そうなったら指示よりも先に考えて行動を起こせますから必然的に指示は減ってきます。

そして委任されるようになりより責任が増えていき・・・。

このように私たちの仕事で当てはめればシンプルで分かりやすいですね。

ではそろそろ犬のしつけに近づけてお話ししましょう。

 

 

犬に対しては、よく しつける という表現が用いられますが、

その中にも実は  “指示” と “委任” が含まれています。

さっきの話では、まずは指示、それから委任の順番でしたね。

では普段のしつけに当てはめて考えてみましょう。

 

 

<ドアの出入り例>

[指示型の場合]

➀玄関前で「オスワリ」を指示する。

②オスワリができたら「マテ」と指示して玄関扉を開く。

③飼い主が先に出て周囲の安全を確認したら 呼び、飼い主の側で再度「オスワリ」を指示。

④オスワリができたら散歩へ

 

例えばこのような手順で指示していたとしましょう。

ではこれが慣れてきて行動を理解してきた場合ではどうでしょうか。

 

 

[委任型の場合]

➀玄関で犬が「オスワリ」をするのを待つ

②「オスワリ」ができたら玄関扉を開く

③飼い主が先に出て周囲の安全を確認したら呼びよせ、側で再度「オスワリ」を待つ。

④オスワリができたら散歩へ

 

 

いかがでしょうか?

 

指示型は全てにおいて細かく行動を指示します。

対して委任型は行動を起こすまで待っています。

 

これが 『成長ステージによって接し方を変える』 ということです。

 

『指示型でも委任型でも結果は同じだからどっちでもいいんじゃないの?』

そう思いましたか?

確かに結果は同じに見えますね。

 

しかし想像してみてください。

 

飼い主が指示をいちいち出さなければ行動を起こせない愛犬と、

飼い主がいちいち指示を出さなくても自然とできる愛犬・・・。

 

どちらの方がより関係が良く、お互いが理解しあえていると思いますか?

 

言われないとできないのと、言われなくてもできるのとでは

そういった部分で違いがあります。

 

 

『そういえばあれはもうできるよね・・・』

こう感じる行動についてはぜひ愛犬を信じて行動を起こすまで待ってみましょう!

 

そして、じっくり考えさせ成功できたら大いに褒めてやりましょう!

このような接し方を意識することでより愛犬に自信を持たせることができ、

これまで以上に信頼関係が深まりますよ(^_-)-☆

 

 

 

PS:

指示型と委任型と言ってもいきなりスパッと切り分けるものではないです。

段々と指示を減らしていって最終的に委任の形にするという手順が必要です。

(何事も手順は大切です)

例えば指示と委任の割合を始めは7:3、次に5:5・・・のように

段階的に進める必要もあります。

また委任するといっても始めは起こした行動すべてに対して賞賛し

ご褒美を与える必要があるかもしれません。

 

急激な変化は私たちもストレスが大きいですよね。

慣れる前に『仕事全部任せるからよろしく!』って言われて乗り越えられる人って

ほんの一握りですから(;´Д`)

なので、上手く進めていくためには,

“徐々に委任することを増やしていくこと” がポイントです。

 

 

PPS:

ちなみに状況や犬に取らせたい行動によっては指示に対して反応させる

方が良い場合もあります。

『全ての行動を委任するべき』 というわけではありませんので。

あくまでもケースバイケースです。

この辺りのご質問がありましたらどうぞFeel Funまでお越しくださいませ(^^)/

 

 

 

代表 ジョニー

コミュニケーションは取らない!?後半

  前回は、『コミュニケーションは相手を感じながら取るべきもの』 で特殊な能力は必要ないという話でした。     感情を理解することはそんなに特別なことではないということは お分かり頂けたかと思いますが、 ここでいくつか注意することがあります。       ①擬人化しすぎないようにすること   人間は人間だからこそ相手を擬人化し…

ú続きを読む

コミュニケーションは取らない!?前半

  いやいやいや!!と思うタイトルでしょうか。(笑)     「コミュニケーションは取らないとダメでしょ~!」と言う声が聞こえてきそうです。   でもですね、コミュニケーションは取るものというよりも コミュニケーションは感じるものだとも思うのです。       何を言いたいかというと、 コミュニケーションは『一方的に取る』のでは…

ú続きを読む

足並みそろっていますか??

 Feel Funでは初回のみ『無料ご相談』を実施しています。 個人や施設を問わず、トレーナーなどに相談をするのは敷居が高くて中々一歩を踏み出せない飼主さん。過去に他所でトレーニングを受けた経験があるが十分な説明がなかったために想像していたものと違ったトレーニングが始まりついていけなかったといった飼主さん・・・など、そんな飼主さんが非常にたくさんおられるためです。 犬…

ú続きを読む

イベント告知

Feel Fun秋の大運動会!!ドッグランでのコントロールや犬同士の交流のさせ方などをゲームや遊びを交えながら一緒に楽しく勉強しましょう!!人も犬も思いっきり頭と体を使ってリフレッシュ(^O^) <開催日時>・2015年10月11日(日)  ※雨天の場合は中止となります・午後14:00~17:00  ※当日は開催時間10分前までに『ぷらすわん』までお越しください。  …

ú続きを読む

興奮して鎮まらない!!!

タイトルにあるこの状態。 一度は経験したことがあるのではないでしょうか?  例えば、フードを与える時、散歩へ行く前のリードを持った時、来客時、外で犬を見た時、誰かが家に来た時・・・様々ありますがこれが問題となる場合はどれも犬は興奮していることがほとんどですね。  犬が問題を起こしている時はこの『興奮』という部分が絡んでいるケースがとても多いです。 …

ú続きを読む

次回のしつけ教室&パピークラスのご案内(2015年8月第4週...

次回のしつけ教室&パピー教室の日程をご案内いたします。ご予約は、お電話・メールよりうけたまわっております。※各教室定員5名様までとなっております。 誠に勝手ながら、次週 8月15日(土)・8月16日(日)のしつけ教室・パピークラス・パピークラス講習会はお休みを頂戴致します。ご理解のほどお願い致します。 教室日程しつけ教室(A)2015年8月23日(日)9:30~通常通りですしつけ教室(B)2015…

ú続きを読む

問題の根源を考える???

  犬の問題行動というと、吠える、引っ張る、飛びつく、咬む、暴れる、破壊する、留守番ができない・・・・・・・・・・・・さらに細かく上げればキリがないですね<m(__)m>でも、そもそもなんでこんな事をするのでしょうか? 代表的な原因として・・・ ①運動不足②社会化不足③ルールと管理の不足④犬種の特性からくる行動 といった所でしょうか。&…

ú続きを読む

フィールファン代表 ドッグトレーナー
黒木敬史(Takashi Kuroki)からのご挨拶

初めてフィールファンにご来店のお客様へ。
フィールファンの、問題を改善するための取り組み方について。


フィールファン代表 ドッグトレーナー 黒木敬史(くろきたかし)

フィールファンにご来店いただき、誠にありがとうございます。

愛犬の問題をどうにかして改善したいとお考えの飼い主さまは多くいらっしゃいます。「どこかの施設に預ければ改善される」、「インターネットや本に書かれているような裏ワザ的な手法をおこなえば改善される」などとお考えの飼い主さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このような方法で問題を改善しようとしても、良い結果・効果は得られません。問題を改善するためには、飼い主さまと愛犬との関係、生活環境、年齢、犬種、性別、経験など、問題となる多くの要因を変えていかなければ、良い結果・効果は得られないのです。

フィールファンでは、このように数多くある問題の要因を発見し、生活環境を整え、飼い主さまと愛犬との関わり方をご理解いただき、信頼関係をより築いていくトレーニング(しつけ)で、問題の改善を実現いたします。

資格認定証明書

PSG認定コンパニオンドッグトレーナー範士証明書

PSG認定
コンパニオンドッグトレーナー範士

愛玩動物飼養管理士証明書

愛玩動物飼養管理士

フィールファンメディア

無料ご相談


「問題をどうにかしたいけど、何をすればよいかわからない」などのお悩みや、その他ご相談をお考えの飼い主さまに。まずはお気軽にご相談くださいませ!

愛犬の状態や生活環境などを細かくおうかがいし、飼い主さまと愛犬に最適なトレーニング方法をご提案させていただきます。

お問い合わせ


ご不明な点がございましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせださいませ!フィールファンへのご意見・ご感想もお待ちしております。

愛犬に関すること、ご質問、ご意見、ご感想などなど、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。