大阪府箕面市初の
ドッグトレーニング(しつけ)専門施設
「フィールファン」のブログ

フィールファンのことがすぐにおわかりいただけます!
ドッグトレーニングや犬のしつけ教室、ドッグデイケア保育の話題も


月別アーカイブ: 2016年4月

常に勝ち勝負の真意・後半

 

こんにちはジョニーです。

 

 

前回投稿しました「常に勝ち勝負の真意・前半」に引き続き、

「常に勝ち勝負の真意・後半」をお送りいたします

 

 

今回は、

①勝ち勝負の視点から考えること

②負け勝負にならないためのポイント

この2点で考えてみたいと思います。

 

 

①【勝ち勝負の視点から考えること】

前回は<散歩>と<おもちゃ>という二つの例をあげましたが、

今回はそれぞれを整理してみましょう。

 

 

《いつも同じ結果でいられるように意識すること》

 

散歩に限らず、ルールやマナーを効率的に犬に教えるのであれば

日々同じ結果を与え続ける必要があります。

 

この人は良くてこの人はダメという一貫性のない接し方をしないこと。

 

例えば、お母さんは飛びつきNGでご主人は飛びつきOK・・・。

これではどちらが正解なのかは全く理解できませんよね。

 

 

また、力だけで解決を図ろうとすると力のないものでは扱えなくなる恐れも。

いくら補助道具などを活用するとしても限界があります。

 

そもそもハンドリングが困難な人にはリードを持たせないといった気配りも必要でしょうし、

家族間でもルールをきちんと話し合って全員が共有する必要もあります。

 

 

ポイント1  【みんなが足並みをそろえて同じように接すること】

 

 

 

 

 

《犬にとって欲しいものを適切に管理すること。(資源の管理)》

 

『欲しいものは何でもいつでも簡単に手に入る』

このような環境にはせず、

『人から与えられるもの』

としておくことで犬をリードすることができます。

 

 

物を管理することによって

“飼い主との楽しいコミュニケーションの時間を共有する”

だけではなく、

“飛びつきや要求吠えなど問題となりうる行動の抑止”

にもなります。

 

 

例えば、

ボールを貰う前には必ず座って待つ、

遊びは終了したらそれ以降はつき合ってもらえない・・・。

 

このような接し方をすることで、

 

「何かを得るためには人間が必要である」

「何かを得るためには落ち着いて待つ必要がある」

 

という経験を犬にさせることができます。

 

これらは人と犬とが共に楽しく暮らしていくためにも是非教えておきたいことの一つです。

 

ポイント2   【資源の管理を怠らないこと】

 

 

 

まとめ

家族の中の誰かだけができるやり方ではいつも同じ結果は出せません。

そのためには皆が同じ結果を出せる方法や接し方を考える必要があります。

家族みんなでルールを決め、一貫した態度で接することで犬は飼い主のペースに合わせることを学べます。

 

 

これが『主導権を持つ』すなわち『勝ち勝負』になるわけですね。

 

 

犬にとって色々なペースを合わせるべき存在となれて初めて心理的に優位となれます。

 

それこそが本来あるべきリーダーシップというものなのです。

 

腕力のみで関係を築こうとしても、

犬に好かれて頼りがいのある存在にはなれないのです。

 

 

 

②【負け勝負にならないためのポイント】

 

・環境を整えること。

(失敗しない道具の準備、失敗しない手順の確認、失敗しない場所の確保)

 

 

・やると決めたらきちんと最後までやること。

(中途半端にするくらいならそもそも手を出さない、時間にゆとりを持って取り組むこと)

 

 

・目標をいくつかの段階で設定し少しずつゴールへ近づけること。

(いきなり難しいことをやろうとしても結局失敗につながります。徐々にレベルアップすること)

 

 

・出来ないことはそもそもやらないこと。

(例えば小さな子供には力の強い犬、引きの強い犬と散歩はさせない。など関係をみすみす壊さないことも大切)

 

 

 

ということでいかがでしたでしょうか。

 

ざっくりとですが今回は『勝ち勝負(主導権を持つ)』についてでした。

 

 

 

【今回のテーマのまとめ】

 

なんでも力づくではなく、道具や環境を上手に利用して心理的に主導権を持とう。

 

ということでした。

 

 

関係とは人と犬とが『関わる時間とその中身』で作られていきます。

 

心のキャッチボールは手抜きおサボりは厳禁ですね。

 

 

 

 

 

 

より良い関係作りのためにも、

 

本当の意味での勝ち勝負

 

日々の中で実践してみましょう!

 

 

 

 

 

 

みんなでお散歩

 

PS:

写真の犬達とのお散歩も関係の賜物です。

きちんと関係が出来ていればこんなことも平気で出来るようになります(^.^)

 

例えばお散歩が苦手な方はお散歩練習ばかりにとらわれずに、

日々の接し方から見直すとお散歩の練習にも良い結果が得られやすいですよ。

 

 

 

色々な問題に当てはまることですが、

『木を見て森を見ず』というやつですね。

 

 

 

あ、ちなみにこの写真を撮るために直前で必死こいて猛練習!!

とかしてませんので!!(笑)

 

 

 

 

 

代表 ジョニー

5月と6月の臨時休業のお知らせ

 いつもFeel Funをご利用頂きまして誠にありがとうございます。 勝手ではございますが、5月と6月に臨時休業を取らせて頂きます。 <休業日>・5月22日(日)・6月11日(土) 上記の二日を都合により臨時休業とさせていただきます。 毎度ご利用のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。  ド…

ú続きを読む

ペット産業情報新聞に掲載されました

   こんにちは、Feel Fun代表のジョニーです。  満開だった桜も昨日の雨でちょっと散ってしまいましたね(~_~;) とはいえ4月は愛犬とのお散歩も心地よい季節。 まだまだ綺麗に咲き誇る桜を見にお散歩へ繰り出したいと思います(^.^)   さて、今回は号外です。 【ペット産業情報新聞…

ú続きを読む

常に勝ち勝負の真意・前半

   《犬との勝負には必ず勝ちましょう!!》       こんな言葉をしつけの情報から耳にしたことがあるという方は結構多いはずです。     良く挙げられる例で言えばおもちゃ遊びがあります。   『ロープで引っ張り遊びをする時は必ず最後に人間が勝たねばならない』 といった話です。   その根拠として挙げられているのが …

ú続きを読む

フィールファン代表 ドッグトレーナー
黒木敬史(Takashi Kuroki)からのご挨拶

初めてフィールファンにご来店のお客様へ。
フィールファンの、問題を改善するための取り組み方について。


フィールファン代表 ドッグトレーナー 黒木敬史(くろきたかし)

フィールファンにご来店いただき、誠にありがとうございます。

愛犬の問題をどうにかして改善したいとお考えの飼い主さまは多くいらっしゃいます。「どこかの施設に預ければ改善される」、「インターネットや本に書かれているような裏ワザ的な手法をおこなえば改善される」などとお考えの飼い主さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このような方法で問題を改善しようとしても、良い結果・効果は得られません。問題を改善するためには、飼い主さまと愛犬との関係、生活環境、年齢、犬種、性別、経験など、問題となる多くの要因を変えていかなければ、良い結果・効果は得られないのです。

フィールファンでは、このように数多くある問題の要因を発見し、生活環境を整え、飼い主さまと愛犬との関わり方をご理解いただき、信頼関係をより築いていくトレーニング(しつけ)で、問題の改善を実現いたします。

資格認定証明書

PSG認定コンパニオンドッグトレーナー範士証明書

PSG認定
コンパニオンドッグトレーナー範士

愛玩動物飼養管理士証明書

愛玩動物飼養管理士

フィールファンメディア

無料ご相談


「問題をどうにかしたいけど、何をすればよいかわからない」などのお悩みや、その他ご相談をお考えの飼い主さまに。まずはお気軽にご相談くださいませ!

愛犬の状態や生活環境などを細かくおうかがいし、飼い主さまと愛犬に最適なトレーニング方法をご提案させていただきます。

お問い合わせ


ご不明な点がございましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせださいませ!フィールファンへのご意見・ご感想もお待ちしております。

愛犬に関すること、ご質問、ご意見、ご感想などなど、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。