大阪府箕面市初の
ドッグトレーニング(しつけ)専門施設
「フィールファン」のブログ

フィールファンのことがすぐにおわかりいただけます!
ドッグトレーニングや犬のしつけ教室、ドッグデイケア保育の話題も


月別アーカイブ: 2015年5月

しつけの視点で考える幸せな犬・不幸な犬

さっそくですが皆さんはご自分の愛犬の体を自由に触ったり、動かしたりできますか?

 

 

私の周りには人間でいう中高年となり病気やケガなどの治療をしている子達が沢山います。

 

それぞれ少しでも改善するために飼い主さんは必死に努力されています。

 

 

そこで感じるのが、その改善速度や結果をより良いものにするためには獣医師さんの力だけではダメで、飼い主さんの力がかなり重要だという事です。

(むしろ飼い主さんの力の方がよほど重要だと思います)

 

 

いくら腕の良い先生に手術をしてもらっても、術後のケアが適切に出来なければ良い結果に繋がりません。

 

例えば後足になんらかの問題があり手術をすることになったとしましょう。

問題の箇所の外科的処置は飼い主さんには当然出来ませんから獣医師にお願いします。

そしてその後は傷の回復で終わり・・・・・・ではありません。

 

 

その後は『体の機能の回復』が必要なのです。

 

 

上手な先生に手術をして貰ったのにも関わらず、それで全てが解決すると勘違いしていると結局その後の日常生活に支障が残ったままになります。

 

これは先ほど言った機能の回復をしなかったためです。

 

人間でも全く同じですね。

 

なんらかの一時的に機能を失うような手術を行った後はかならずリハビリが待っています。

 

 

体の関節は動かさなければ可動域が狭まります。(動かせる範囲が狭くなったり、動かなくなったりすること)

また筋肉は使わなければ衰え収縮してしまいます。(3~5週間のケージ管理で50%減少すると言われる)

 

 

人間の場合は、以前の生活に戻したいという意志と希望がありますから自力で元に戻す努力ができます。

 

 

では犬の場合はどうでしょうか?

犬は『努力すれば以前のように走り回れるんだ!』とは残念ながら考えられません。

 

犬にとっては不自由な体も生活も含めて現状が全てな訳です。

 

 

ここまでくればもうとっくにお分かりだと思いますが、飼い主さんが自分でその後のリハビリを根気よくしてやる必要があるのです。

 

関節の曲げ伸ばしや制限運動などを獣医師の指導のもと行わなければなりません。

 

 

 

かなり前フリが長くなりましたが、ここで考えなければいけないのは『当り前にそういったことが自分の犬に対して出来るのか?』です。

DSC01560

 

 

Feel Funでは仔犬のパピークラスから色々な触り方の練習や、拘束(リードや抱っこなど)されることに慣らす練習を行います。

 

これは犬にだけ求めることではなく、飼い主さんにこそ求めることだと私は考えています。

 

 

飼い主さんが扱い方を知らなければ、いざという時に上手くできるはずがありません。

 

嫌がって怒る、咬む、といった体を扱われることに対してのしつけをなされていない犬は非常に損をします。

また触り方を知らない飼い主さんも上手くできず辛い思いをされると思います。

 

 

<犬が緊張しているとき飼い主さんが体を触ろうとしたら唸った。>

<何かに夢中になっている時抱き上げようとしたら咬んだ。> など、例をあげればたくさんあります。

これは人間に触られるという行為に対して信頼関係が築けていなことが原因だと言えます。

 

 

結果、生活の質が下がり人と犬の双方が多くの耐えがたいストレスを抱えることになります。

 

 

もちろん、誰にでも好きなように触られなさい。とは言いません。

 

 

突然見知らぬ人に触られて嬉しいと感じるという性格は、よほど日常的に見知らぬ人に触られる経験をしていなければ基本的に難しいと思います。

(もちろん、誰に触られる事も拒まない気質の犬もいますが一般的に見た場合)

 

 

ですからあくまでも最低限、飼い主さんに対してだけは嫌がらないで扱われるように教えるということを幼少期から取り組んで頂きたいと思うのです。

 

 

 

しつけは犬に自由と幸せを与えるためのものです。

 

 

 

触ることができない 散歩ができない 目を離すと何をするか分からない・・・こんな状態では一日中ハウスに入れっぱなしで飼うようになってしまいます。

 

結果お互いに楽しい時間を過ごせませんよね?

 

今は別に困っていないからという理由で仔犬の時にサボると後でツケが回ってきます。

 

 

前の犬はそんなことしなくても良かった・・・本当によく聞く言葉です。

しかし今飼われている犬は前の犬ではありません。

前の犬は偶然にも気質が良く、飼い主さんにとってたまたま都合の良い犬だった、というだけの話だけなのです。

(決してこれまで飼われた犬達を悪く言っているのではありません。今飼われている犬を過去の犬達と比べて否定してやって欲しくないだけなのです)

 

 

ですからそんな偶然に頼り全てを犬のせいにしないで、飼い主さんが積極的に扱えるように取り組んでいきましょう!

 

 

「しつけ」の第一歩、【体を自由に扱えること】

連休2日目(3)

 

 

 

 

代表ジョニー

しつけ教室&パピー教室のご案内(2015年6月第1週目の週末...

次回のしつけ教室&パピー教室の日程をご案内いたします。ご予約は、お電話・メールよりうけたまわっております。※各教室定員5名様までとなっております。教室日程しつけ教室(A)2015年6月7日(日)9:30~しつけ教室(B)2015年6月6日(土)14:00~パピー教室2015年6月7日(日)11:00~パピー教室前の講習会2015年6月7日(日)14:00~ 

ú続きを読む

しつけ教室&パピー教室のご案内(2015年5月第5週目の週末...

次回のしつけ教室&パピー教室の日程をご案内いたします。ご予約は、お電話・メールよりうけたまわっております。※各教室定員5名様までとなっております。教室日程しつけ教室(A)2015年5月31日(日)9:30~しつけ教室(B)2015年5月30日(土)14:00~パピー教室2015年5月31日(日)11:00~パピー教室前の講習会2015年5月31日(日)14:00~ 

ú続きを読む

犬から信頼されるハンドリング

こんにちは、Feel Fun代表ジョニーです。 私の元へは犬と共に暮らす上で何かしら悩みを持った方が数多く御相談に訪れます。 さて唐突に質問しますが、自分は犬から信頼され安心されるハンドリング(扱い方・接し方)をしていると自負できますか? 出来ている!とお思いの方はすでに楽しく日々暮らせているかと思います。 Feel Funへ御相談に来られる飼い主さんはきっ…

ú続きを読む

逃げ回って捕まらない!?

  こんにちは代表のジョニーです。    さて、今回のタイトルを見てギクッとされた方もおられるのではないでしょうか?   家の中を想像された方・・・ ドッグランを想像された方・・・  当然これってどちらでも起こりうるトラブルの一つだと思います。 こういった『呼び戻しても…

ú続きを読む

フィールファン代表 ドッグトレーナー
黒木敬史(Takashi Kuroki)からのご挨拶

初めてフィールファンにご来店のお客様へ。
フィールファンの、問題を改善するための取り組み方について。


フィールファン代表 ドッグトレーナー 黒木敬史(くろきたかし)

フィールファンにご来店いただき、誠にありがとうございます。

愛犬の問題をどうにかして改善したいとお考えの飼い主さまは多くいらっしゃいます。「どこかの施設に預ければ改善される」、「インターネットや本に書かれているような裏ワザ的な手法をおこなえば改善される」などとお考えの飼い主さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このような方法で問題を改善しようとしても、良い結果・効果は得られません。問題を改善するためには、飼い主さまと愛犬との関係、生活環境、年齢、犬種、性別、経験など、問題となる多くの要因を変えていかなければ、良い結果・効果は得られないのです。

フィールファンでは、このように数多くある問題の要因を発見し、生活環境を整え、飼い主さまと愛犬との関わり方をご理解いただき、信頼関係をより築いていくトレーニング(しつけ)で、問題の改善を実現いたします。

資格認定証明書

PSG認定コンパニオンドッグトレーナー範士証明書

PSG認定
コンパニオンドッグトレーナー範士

愛玩動物飼養管理士証明書

愛玩動物飼養管理士

フィールファンメディア

無料ご相談


「問題をどうにかしたいけど、何をすればよいかわからない」などのお悩みや、その他ご相談をお考えの飼い主さまに。まずはお気軽にご相談くださいませ!

愛犬の状態や生活環境などを細かくおうかがいし、飼い主さまと愛犬に最適なトレーニング方法をご提案させていただきます。

お問い合わせ


ご不明な点がございましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせださいませ!フィールファンへのご意見・ご感想もお待ちしております。

愛犬に関すること、ご質問、ご意見、ご感想などなど、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。