大阪府箕面市初の
ドッグトレーニング(しつけ)専門施設
「フィールファン」のブログ

フィールファンのことがすぐにおわかりいただけます!
ドッグトレーニングや犬のしつけ教室、ドッグデイケア保育の話題も


月別アーカイブ: 2016年6月

本当にその行動を変えたいか?

 

 

こんにちはジョニーです。

 

梅雨になりましたね~。

 

僕の一番嫌な季節です。

湿気と熱気でぐったりしてきますし、髪の毛もボサボサ…。

 

髪型というと梅雨時期はもちろんなのですが、

そもそもバイクで移動が多い僕の場合はすぐに朝一の

『イケてる自分のイメージ』は簡単に崩れますけどね。(笑)

 

まぁそれが本当に嫌なら移動手段を変えるとかすれば良いのでしょうけど・・・。

さすがにそこまでのこだわりは全くありません。

「ま、仕方ないか。」で済ませてますね。

 

この「ま、仕方ないか。」ですが、犬のしつけやトレーニングにおいて

結構気をつけておかないといけない気持ちのひとつなんです。

 

 

 

 

【本当にその行動を変えたいか?】

 

さて、想像してみてください。

     ・

     ・

     ・

「ピンポーン!(インターホン)

 

はーい、少々お待ちを。 

 

ワンワンワンワン! 

 

〇〇ちゃんダメ。静かにしなさい!!!

 

 

ワン!ワン!ワンワン! 」

 

 

しばらくしてから愛犬を抱きかかえながらドアを開き

 

 

「ワンワンワン! すいませんね~うちの子バカなもので。ワンワンワン! 

〇〇ちゃん静かにしなさい! ど~も~。」

 

ドアをバタン。

 

 

 

これは別に誰かがこういうことをしている…とかいう話ではありません。

でもよく目や耳にする光景のひとつではないでしょうか。

 

 

たいてい次に出てくる言葉は、

「叱っているけどやめない」  

「もともと臆病だから」・・・

などなど。

 

でも、できればこの行動をどうにかしたいと思っていることも事実です。

 

 

ではなぜ、やめさせられないのでしょうか?

 

 

 

もちろん、

 

・その犬に合った適切な方法と手順でしつけを行うことができていないから。

 

・犬との間に良き関係ができていないから。

 

といった理由もあるでしょう。

 

 

 

けれど、それよりも何よりもそもそも、

こっちの方が欠けているのではないでしょうか??

 

 

 

すなわち、

本当に変えようという “意志” (気持ち)

です。

 

 

 

叱っていると一口に言っても色々です。

 

例えば 『ダメ!』 という言葉を家族全員が共通しているとして、

そこに伴う <気持ち> の部分はどうでしょうか。

 

 

「静かにして欲しいけど…(あきらめ)」

 

「腹立つー!(怒り)」  

 

「どうしよう…(不安)」 

 

「ひゃー!怖い(恐怖)」

 

「うわ~止まらない~(焦り)」

 

「人前で吠えるなんて…(恥ずかしい)」

 

「吠えたらダメだよ~(笑)(どうでもいい)」

・・・

 

 

同じ言葉を使っていても、そこにどういった感情を持っているかは犬に対して確実に伝わります。

 

人間の持つ感情を犬が感じ取っているのは今さら言うまでもありませんね。

 

 

きちんとしつけようと頭では思っていても、

飼い主さんの気持ちが不安定だと、真っ直ぐ犬に意図が伝わらず

中々上手くいきません。

 

 

僕自身も若かりし頃、トレーニングが上手くいかず

イライラしたときなんかは(上手くできない自分に対してですが)

余計に土壺にはまった記憶があります。

 

 

 

必死になればなるほどってやつです。

 

 

 

 

ですので、

 

余計な感情を持って接してしまわないよう・・・

 

また、惰性になってしまわないよう・・・

 

何かに取り組む前や迷った時は、

 

『自分は犬に対して本当に“意志”を見せようとしているのだろうか?』

 

と自分の心に問いかけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

目標に向かって頑張っておられる飼い主さんをいつも応援しています!!

 

 

 

 

 

 

 

PS:

<髪型問題の改善策>

①原因を取り除く…A.バイクを捨てる、もしくはヘルメットをかぶらない

→仕事的に無理、ノーヘルは違反行為。×

 

②髪型が崩れることが両立しないことを考える…A.坊主頭にする

→法的に問題はないが自分のイメージ的にも好み的にも無理。

 

③妥協する…A.何もせず現状維持

→無難で努力の必要なし。

 

はい、ということで結論はやっぱり「ま、仕方ないか」で済まそうでした。(笑)

 

犬との暮らしも「ま、仕方ないか」で済ませられるものは別にそれはそれで良いと思いますよ。

 

共に楽しく暮らしていけることが一番ですから(^.^)

 

 

 

 

代表 ジョニー

 

上手くいかない時に問いかける5つの質問・後半

   こんにちはジョニーです。  前回のブログ『上手くいかない時に問いかける5つの質問・前半』に引き続き後半をお送りしていきたいと思います。   今回は前回お話ししました、  ①ただの情報集めになっていないか?(情報にふりまわされてないか?)②似て異なるものであると認識しているか?  この…

ú続きを読む

フィールファン代表 ドッグトレーナー
黒木敬史(Takashi Kuroki)からのご挨拶

初めてフィールファンにご来店のお客様へ。
フィールファンの、問題を改善するための取り組み方について。


フィールファン代表 ドッグトレーナー 黒木敬史(くろきたかし)

フィールファンにご来店いただき、誠にありがとうございます。

愛犬の問題をどうにかして改善したいとお考えの飼い主さまは多くいらっしゃいます。「どこかの施設に預ければ改善される」、「インターネットや本に書かれているような裏ワザ的な手法をおこなえば改善される」などとお考えの飼い主さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このような方法で問題を改善しようとしても、良い結果・効果は得られません。問題を改善するためには、飼い主さまと愛犬との関係、生活環境、年齢、犬種、性別、経験など、問題となる多くの要因を変えていかなければ、良い結果・効果は得られないのです。

フィールファンでは、このように数多くある問題の要因を発見し、生活環境を整え、飼い主さまと愛犬との関わり方をご理解いただき、信頼関係をより築いていくトレーニング(しつけ)で、問題の改善を実現いたします。

資格認定証明書

PSG認定コンパニオンドッグトレーナー範士証明書

PSG認定
コンパニオンドッグトレーナー範士

愛玩動物飼養管理士証明書

愛玩動物飼養管理士

フィールファンメディア

無料ご相談


「問題をどうにかしたいけど、何をすればよいかわからない」などのお悩みや、その他ご相談をお考えの飼い主さまに。まずはお気軽にご相談くださいませ!

愛犬の状態や生活環境などを細かくおうかがいし、飼い主さまと愛犬に最適なトレーニング方法をご提案させていただきます。

お問い合わせ


ご不明な点がございましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせださいませ!フィールファンへのご意見・ご感想もお待ちしております。

愛犬に関すること、ご質問、ご意見、ご感想などなど、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。