大阪府箕面市初の
ドッグトレーニング(しつけ)専門施設
「フィールファン」のブログ

フィールファンのことがすぐにおわかりいただけます!
ドッグトレーニングや犬のしつけ教室、ドッグデイケア保育の話題も


しつけと訓練とでは何が違うのか?~Part1~

しつけと訓練とでは何が違うのか?~Part1~

良い子になる為にしつけをしましょう。賢くするために訓練致します。
このような言葉はインターネットで犬のしつけなどのワードで調べるといくらでも出てくるのですが、そもそもしつけとは、訓練とは、どういうものなのか?をきちんと説明している所は少ないと思います。

言葉そのものの意味というよりも、一般的にこれらの言葉を使っている所から私の見解で言わせてもらうと、しつけとは共に暮らす上で必要なマナーやルールを教え飼い主と犬とが良い関係を作る事、訓練とはオビディエンス競技・ドッグスポーツ競技などの作業を教える事、と分かれます。

家庭犬にまず必要な事は関係作りを中心としたしつけであり、その後の楽しみとしてオビディエンス競技会、ドッグスポーツ競技などへと楽しみを広げる、が正しい順番だと私は考えています。

ただ残念な事に、『しつけとして訓練』を指導するケース、また『しつけとしてゲーム』を教えるケース、などなど混同した解釈で教室やレッスンを行う所も多々あるのが現状です。

もちろん訓練やゲームを否定している訳ではなく、しつけとは異なったものをしつけとして行っている、この事に対して疑問を感じるのです。

おやつを見せた時にオスワリやフセやマテが出来ればそれだけで十分賢いと思いますか?
本当に共に暮らしやすい犬になると思いますか?
犬に行動の形を教える事だけをしつけと称したものでは、『共に暮らす』という事を前提に考えると、結果的に意味の無いものとなってしまう、可能性が非常に高いのです。

しつけで本当に大切なのは適切な行動を教え、犬の状態を良く読み、人と共に暮らす上で状況に応じた適切な行動を常に取らせる事です。

食事を目の前にしている時だけフセをします。(フセをするともらえるから)→食事の時以外でフセといっても全くしません。来客中はずっと興奮して動き続けています…。

散歩の際、リードを着ける時はオスワリをします(リードを着けると散歩へ行けるから)→リードが着いた瞬間に飼い主を玄関から散歩が終わる頃まで引っ張り続けます…。

このような犬が得をする事が確実な時にだけオスワリやフセが出来た所で、日々のルールにも、人への尊重にも全くつながらない、というのは明白です。

すなわち『犬に対して部分的に何かをやらせても、根本的な関係作りにはならない』という事です。

これは問題行動の改善でも同じです。引っ張るのだけを直したい、吠えるのだけが困る…確かに問題として感じる部分はきっとそれだけなのだと思いますが、本当の問題は果たしてそこだけでしょうか。

そもそも日常的にルールも何もない好きな事だけやって暮らす生活をしていた場合、急にあれこれ要求してやらせようとしても土台無理な話です。

なぜなら当事者同士の関係も出来ていなければ、犬自身もやるべき事を何も知らないのですから。

また良く目にする、数ヵ月預かってその間に飼い主に代わってプロが愛犬をしつけします、などのうたい文句。
これも疑問を持たずにはいられません。

例えば、排泄のトレーニング、体のケア、社会経験などであればオーナーの代わりでも第三者が慣らしていく事は可能です。(無論、オーナーも方法の指導を受けるべきですが。)

でも、家で吠えて困っている、散歩をオーナーが上手く出来ない、呼んでも帰ってこない、この様な生活における問題に関して果たして望む結果が得られるでしょうか。

なぜ問題が起こるのか?その際どうすれば良いのか?どういう意識で接しどういう知識が必要なのか?

それってプロだけが持っていればオーナーは知らなくても良いものでしょうか?

正にしつけ(関係作り)のポイントはここです。

『誰が』、『いつ』、『どこで』、『誰に』、『何を』、『どのように』、させるべきなのか?
これを指導者がオーナーの立場になって真剣に考えないと本当のオーナーと犬との関係作りは出来ないという事です。

『誰が』オーナーが

『いつ』問題が起きる場面や日常生活で常に

『どこで』問題が起きる場所や家、いつもの散歩コース、普段利用する施設など

『誰に』自分の犬に

『何を』共生していく上で適切な行動を

『どのように』犬の性格、問題に合わせた適切な方法で

上記のように当てはめてオーナーの指導を行う事が最も望ましいというのは言うまでもありません。

ではそれを踏まえた上で、次回もう少し考えてみましょう。

Part2へ続く

この記事の投稿者

feelfun

について

ドッグトレーニング専門施設「フィールファン」代表 ドッグトレーナー。
犬の内面や行動などを理解し心理的な部分からの問題の改善、飼い主さまと愛犬とのあいだに良き信頼関係を築くことに強いこだわりを持つ。

最近の記事一覧

この記事と関連した記事

シェア、お願いいたします!

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事にご興味がございましたら、ぜひシェアくださいませ!

コメント、お待ちしております!

この記事へのコメント、フィールファンへのコメントなどなど、コメントをお待ちしております!お気軽にどうぞ。
必須 が付いた項目は、ご入力必須項目となります。



(記入例:ご自由にご入力くださいませ。)

必須項目をご入力いただきましたら「送信する」ボタンをクリック(またはタップ)くださいませ。



(記入例:ニックネーム)

Facebookをご利用の場合は以下からコメントをどうぞ!

フィールファン代表 ドッグトレーナー
黒木敬史(Takashi Kuroki)からのご挨拶

初めてフィールファンにご来店のお客様へ。
フィールファンの、問題を改善するための取り組み方について。


フィールファン代表 ドッグトレーナー 黒木敬史(くろきたかし)

フィールファンにご来店いただき、誠にありがとうございます。

愛犬の問題をどうにかして改善したいとお考えの飼い主さまは多くいらっしゃいます。「どこかの施設に預ければ改善される」、「インターネットや本に書かれているような裏ワザ的な手法をおこなえば改善される」などとお考えの飼い主さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このような方法で問題を改善しようとしても、良い結果・効果は得られません。問題を改善するためには、飼い主さまと愛犬との関係、生活環境、年齢、犬種、性別、経験など、問題となる多くの要因を変えていかなければ、良い結果・効果は得られないのです。

フィールファンでは、このように数多くある問題の要因を発見し、生活環境を整え、飼い主さまと愛犬との関わり方をご理解いただき、信頼関係をより築いていくトレーニング(しつけ)で、問題の改善を実現いたします。

資格認定証明書

PSG認定コンパニオンドッグトレーナー範士証明書

PSG認定
コンパニオンドッグトレーナー範士

愛玩動物飼養管理士証明書

愛玩動物飼養管理士

フィールファンメディア

無料ご相談


「問題をどうにかしたいけど、何をすればよいかわからない」などのお悩みや、その他ご相談をお考えの飼い主さまに。まずはお気軽にご相談くださいませ!

愛犬の状態や生活環境などを細かくおうかがいし、飼い主さまと愛犬に最適なトレーニング方法をご提案させていただきます。

お問い合わせ


ご不明な点がございましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせださいませ!フィールファンへのご意見・ご感想もお待ちしております。

愛犬に関すること、ご質問、ご意見、ご感想などなど、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。