大阪府箕面市初の
ドッグトレーニング(しつけ)専門施設
「フィールファン」のブログ

フィールファンのことがすぐにおわかりいただけます!
ドッグトレーニングや犬のしつけ教室、ドッグデイケア保育の話題も


褒めるってどういう事?

褒めるってどういう事(1)

犬のしつけや訓練の書籍、また指導において○○が出来たら褒めましょう!という記述を見たり、話を聞いた事がある方は多いかと思います。

そもそも褒めるという事を改めて考えてみると、犬が嬉しいと感じる、プラスの感情に切り替わる、こういった事になります。

ほめ声、おやつ、おもちゃ遊び、なでる…など色々な褒め方を利用して犬の感情をコントロールするわけですね。

例えば犬に何か行動を学習させる際に、『何か行動を起こす』→『良い事が起きる』という流れを作る事で、犬がその行動を起こすきっかけを作ったり頻度を増やしたりする事が出来ます。

『お?座ったら何か喜んでるしおやつも貰えたぞ!ラッキー!』→『もう一回やってみようかな』っていうこれです。

頻繁にその行動を起こす様になったらこの動作に『スワレ』などのコマンド(指示語)をプラスすると、指示がかかった際にその学習した行動を起こせる様になる。

これが犬に行動を『学習』させる基本の手法の一つとなるのです。

また、嫌いな事や怖がる心理に対して、関連(印象)を変えるという際にも褒める方法が使われます。

例えば、足に触れられる事が嫌な犬がいたとして、嫌がるのを無理やり押さえつけて叱りながら触る事でますます触られるのを嫌いになる、そりゃそうですね。

ごり押しでなんの折り合いもつけずに終えてしまっても当然犬が納得するはずがないですから。

そういった際に、大人しく足に触れさせる→おやつを貰い褒めてもらう…これを繰り返す事で、足に触れられる事が『嫌い』な事から『まんざら嫌でもないかな』『まぁいいか』な事に徐々に変わっていくのです。

中にはおやつの期待から『はい触ってちょうだい』に変わる事もあるのです。

これが関連を変える、という手法の一つ。

ここでそれぞれに褒めるというお約束が出てくるのですが、犬に対して褒めるというのはただ単純におやつを与えたりなでてあげれば良いといったものではありません。

例えば

まだまだ挙げれば出てきますが、例えばこの様な状態で果たして褒めた事になりますか?

お分かりだと思いますが、人は褒めているつもりでも犬の気持ちに変化が無ければ全く褒めた事にはなりません。

犬が喜んでいない状態、また心理的にストレスから解放されていないままの状態、は俗にいう『褒めた』とは言わないという事です。

恐怖心であれば自分に置き換えて考えると簡単な話で、遊園地なんかにあるお化け屋敷で、追いかけてきたお化けに捕まり、イ~イ~コ~ダ~って褒められても全く嬉しくないですよね。

私はそういうのが苦手なので、お化けがヨ~シ~ヨ~シ~オイデ~とか言いながら手を出そうものなら必死で払いのけるでしょう…(笑)

不安や恐怖の印象が強すぎるといくら褒めても嬉しいという気持ちにはなれませんし、そのシチュエーションをより拒むといった事が起きるのは容易に想像できます。

大柄な男性が、小型犬でビビりの犬に可愛いからといって無理やり触ろうとすると余計に嫌われる…この手の話は典型的なあるあるです。

正にさっきのお化け屋敷ですね。

ですから重要なのは、犬の心境に変化が見られるかどうか?という事なんです。

また恐怖心に対して印象を変える場合だけでなく、行動を学習させる時もこの心境の変化が重要となります。

うちの犬は座ったから褒めたけれど喜ばないんです…、これだと座る行動を学習し繰り返し行うとは到底思えないですよね?

また、うちの犬は座ったから褒めたけれどテンション上がり過ぎてハチャメチャになります…、これも実は問題で興奮しすぎると記憶として残りにくく、さらには不適切な行動まで引き出してしまう羽目に…マイナスばっかりです。

すなわち、落ち着いて意欲的に行う事が最も学習として効率が良く、逆に、興奮、不安、無関心、恐怖、といった心理は学習にも良い印象にも結び付かない、という事なのです。

おやつで喜ばない犬もいますし、なでられると逆にストレスになる犬もいます。

みんな感じ方が同じではないので、性格や好みによっても褒める為に必要となるツールやスキルは変わってきます。

今一度、果たして喜んでいるか?それとも無視?はたまた怖い?むしろハチャメチャ?…犬がどう感じているのかをご自分の目でよーく観察してみて下さい。

イマイチ喜んでいない…と感じた方は是非この話しをヒントに、犬と上手にキャッチボール出来るようになって下さいね~!

最後まで読んで試してみたけど良く解らん!という方はどーぞFeelFunまで!!(笑)

という事で、今回も長々と最後までお付き合いありがとうございました~。

この記事の投稿者

feelfun

について

ドッグトレーニング専門施設「フィールファン」代表 ドッグトレーナー。
犬の内面や行動などを理解し心理的な部分からの問題の改善、飼い主さまと愛犬とのあいだに良き信頼関係を築くことに強いこだわりを持つ。

最近の記事一覧

シェア、お願いいたします!

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事にご興味がございましたら、ぜひシェアくださいませ!

褒めるってどういう事?」への1件のフィードバック

  1. J女子に教えてもらいましたぁ。。。^^

    バーディー凄く可愛い~(笑)
    ジョニー先生が一緒だと、いつもこんな可愛い笑顔だったコトを思い出しました♪
    ありがとう~ございます☆

    ・・・バーディーは褒めてもらうとテンションアゲアゲです^^v
        後、ボール命!!も(笑)

コメント、お待ちしております!

この記事へのコメント、フィールファンへのコメントなどなど、コメントをお待ちしております!お気軽にどうぞ。
必須 が付いた項目は、ご入力必須項目となります。



(記入例:ご自由にご入力くださいませ。)

必須項目をご入力いただきましたら「送信する」ボタンをクリック(またはタップ)くださいませ。



(記入例:ニックネーム)

Facebookをご利用の場合は以下からコメントをどうぞ!

フィールファン代表 ドッグトレーナー
黒木敬史(Takashi Kuroki)からのご挨拶

初めてフィールファンにご来店のお客様へ。
フィールファンの、問題を改善するための取り組み方について。


フィールファン代表 ドッグトレーナー 黒木敬史(くろきたかし)

フィールファンにご来店いただき、誠にありがとうございます。

愛犬の問題をどうにかして改善したいとお考えの飼い主さまは多くいらっしゃいます。「どこかの施設に預ければ改善される」、「インターネットや本に書かれているような裏ワザ的な手法をおこなえば改善される」などとお考えの飼い主さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このような方法で問題を改善しようとしても、良い結果・効果は得られません。問題を改善するためには、飼い主さまと愛犬との関係、生活環境、年齢、犬種、性別、経験など、問題となる多くの要因を変えていかなければ、良い結果・効果は得られないのです。

フィールファンでは、このように数多くある問題の要因を発見し、生活環境を整え、飼い主さまと愛犬との関わり方をご理解いただき、信頼関係をより築いていくトレーニング(しつけ)で、問題の改善を実現いたします。

資格認定証明書

PSG認定コンパニオンドッグトレーナー範士証明書

PSG認定
コンパニオンドッグトレーナー範士

愛玩動物飼養管理士証明書

愛玩動物飼養管理士

フィールファンメディア

無料ご相談


「問題をどうにかしたいけど、何をすればよいかわからない」などのお悩みや、その他ご相談をお考えの飼い主さまに。まずはお気軽にご相談くださいませ!

愛犬の状態や生活環境などを細かくおうかがいし、飼い主さまと愛犬に最適なトレーニング方法をご提案させていただきます。

お問い合わせ


ご不明な点がございましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせださいませ!フィールファンへのご意見・ご感想もお待ちしております。

愛犬に関すること、ご質問、ご意見、ご感想などなど、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。