大阪府箕面市初の
ドッグトレーニング(しつけ)専門施設
「フィールファン」のブログ

フィールファンのことがすぐにおわかりいただけます!
ドッグトレーニングや犬のしつけ教室、ドッグデイケア保育の話題も


良い道具?悪い道具?

 こういった話題は今も昔も変わりませんね。

 

『この道具は虐待である』とか『この道具は使ってはいけない』とか。

 

≪画像はプロングカラー≫

プロングカラー

 

 

≪画像はチェーンカラ―≫

チョークチェーン(チェーンカラ―)

 

 

あえて誤解を恐れずに言いますと私はどんな道具も使います。

 

一般に使用するべきではない、虐待だ、と言われるような道具もです。

 

 

もちろん、『使用する明確な目的』と『使用するのに必要な技術を持っている』ことが使用条件であることは言うまでもありませんが。

 

 

いちいちこの道具はどうこうといった説明はあえて省かせて頂きますが、そもそも道具そのものが悪なのでしょうか??

 

 

私はそんなはずはないと思っています。

 

 

道具はあくまでも道具であり使用する人間が適切に使用すれば問題はないのです。

ではなぜ、問題として取りざたされることが多いのでしょうか?

 

 

単純なことですが、結局は未熟な者が誤った使いかたをするから問題となるのです。

 

 

上記のプロングカラーで言えば、これを係留時に使用したり、べらぼうな力で引いたり、適切な位置やサイズ調整をしていなかったり、タイミングが不適切であったり・・・。

 

全部使用する人間側の責任です。

 

例えば包丁なんかが良い例です。

私みたいに知識も経験もないものが使うとたかが知れていますが(苦笑)、使う方の技量によっては芸術的なくらいですよね。

プロでなくても使い方を理解し日々練習(というよりも使用)していると自然と上手くなります。

 

包丁を料理以外の目的や用途で使用するから危険なのです。

(これが拳銃ともなるとそもそも殺傷が目的ですから使用者うんぬん以前の問題で全く意味が違いますね。)

 

さらに色々な料理を作るために、色々な作り方を調べ、色々な食材を用意し、色々な種類の道具を活用し、一つの料理できあがるのです。

 

 

この過程はある意味しつけにも似ています。

 

 

道具を選ぶときはまず身体的な問題の有無を知る必要があります。

(例えば気管に問題があればチョークカラーはもちろん、首輪さえも使えないかもしれません)

それから厳選し目的にあった道具を選ぶのです。

 

何となく世間で悪い道具と言われているから・・・、見た目が可愛いい・・・、人に勧められたから・・・といった人間目線からだけで道具は選ぶべきではありません。

まずは犬に合っていること、そして飼い主が実際に使いこなせるもの、を選びましょう。

 

 

包丁の話がありましたが、犬に使用する道具も犬に合っていないケースや、未熟な使い方では当然ながら虐待となり得ます。

 

どれだけ犬に優しく負担なく考えられ作られた道具も、そもそもハードに見える道具も全て等しく同じです。

 

だからこそ飼い主さんへの使用と目的の指導は必須なのです。

 

 

そう考えると、適切な指導もなく売られていることもある意味問題ですね。

 

犬のこと、飼い方、生活環境、道具の使い方や種類、全部が犬と楽しく暮らしていくためにもぜひ飼い主さんには知っておいて頂きたい事ですね。

 

≪一般的な首輪≫ 

首輪

 

 

 

 

 

 

≪胴輪(ハーネス)≫

胴輪(ハーネス)

 

 

 

 

 

 

≪ジェントルリーダー≫

ジェントルリーダー(ヘッドカラ―)

 

 

 

 

 

 

 

 

≪チョークカラー≫

チョークカラー

 

 

 

 

 

 

 

≪ハーフチョーク≫

ハーフチョークカラー

 

 

 

 

 

 

 

本当に色々種類がありますね~。

 

さすがに全部は載せられませんから割愛しますが、まだまだ犬具はいっぱいあります。

 

 

そういえば 時々この道具でないとしつけは出来ない的な言い方をされている方を見たりします。

私としては「??」って感じです。

 

ハーネスでないとダメ??

 

チェーンカラーでないとダメ??

 

ヘッドカラ-でないとダメ??

 

そもそも○○でないとダメみたいなのは意味が分かりませんね。

 

道具に絶対にこれでないとダメみたいなのは存在しませんよ。

 

なぜなら、犬の性格・抱えている問題・環境・飼い主とのマッチング・・・どれ一つとっても全く同じなんてありえません。

 

この色々な組み合わせを見た上で使用する道具や方法を考えるのが私の仕事ですから。

 

同じように見えて道具もそれぞれ使い方や目的が違うんですよ

 

道具の犬との相性と使い方が分からないという方は、ぜひFeelFunへ学びにいらしてください。

 

きちんとお教え致しますので。

 

ということで今回は道具について少し考えてみました。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

代表ジョニー

 

この記事の投稿者

feelfun

について

ドッグトレーニング専門施設「フィールファン」代表 ドッグトレーナー。
犬の内面や行動などを理解し心理的な部分からの問題の改善、飼い主さまと愛犬とのあいだに良き信頼関係を築くことに強いこだわりを持つ。

最近の記事一覧

シェア、お願いいたします!

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事にご興味がございましたら、ぜひシェアくださいませ!

コメント、お待ちしております!

この記事へのコメント、フィールファンへのコメントなどなど、コメントをお待ちしております!お気軽にどうぞ。
必須 が付いた項目は、ご入力必須項目となります。



(記入例:ご自由にご入力くださいませ。)

必須項目をご入力いただきましたら「送信する」ボタンをクリック(またはタップ)くださいませ。



(記入例:ニックネーム)

Facebookをご利用の場合は以下からコメントをどうぞ!

フィールファン代表 ドッグトレーナー
黒木敬史(Takashi Kuroki)からのご挨拶

初めてフィールファンにご来店のお客様へ。
フィールファンの、問題を改善するための取り組み方について。


フィールファン代表 ドッグトレーナー 黒木敬史(くろきたかし)

フィールファンにご来店いただき、誠にありがとうございます。

愛犬の問題をどうにかして改善したいとお考えの飼い主さまは多くいらっしゃいます。「どこかの施設に預ければ改善される」、「インターネットや本に書かれているような裏ワザ的な手法をおこなえば改善される」などとお考えの飼い主さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このような方法で問題を改善しようとしても、良い結果・効果は得られません。問題を改善するためには、飼い主さまと愛犬との関係、生活環境、年齢、犬種、性別、経験など、問題となる多くの要因を変えていかなければ、良い結果・効果は得られないのです。

フィールファンでは、このように数多くある問題の要因を発見し、生活環境を整え、飼い主さまと愛犬との関わり方をご理解いただき、信頼関係をより築いていくトレーニング(しつけ)で、問題の改善を実現いたします。

資格認定証明書

PSG認定コンパニオンドッグトレーナー範士証明書

PSG認定
コンパニオンドッグトレーナー範士

愛玩動物飼養管理士証明書

愛玩動物飼養管理士

フィールファンメディア

無料ご相談


「問題をどうにかしたいけど、何をすればよいかわからない」などのお悩みや、その他ご相談をお考えの飼い主さまに。まずはお気軽にご相談くださいませ!

愛犬の状態や生活環境などを細かくおうかがいし、飼い主さまと愛犬に最適なトレーニング方法をご提案させていただきます。

お問い合わせ


ご不明な点がございましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせださいませ!フィールファンへのご意見・ご感想もお待ちしております。

愛犬に関すること、ご質問、ご意見、ご感想などなど、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。