大阪府箕面市初の
ドッグトレーニング(しつけ)専門施設
「フィールファン」のブログ

フィールファンのことがすぐにおわかりいただけます!
ドッグトレーニングや犬のしつけ教室、ドッグデイケア保育の話題も


興奮のONとOFF

ジョニーです。

 

すっかり暖かかく・・・とまではいかないですが、3月に入り過ごしやすい日が段々と増えてきたように思います。

 

花粉症の私はあまり嬉しくないこの季節なのですが、うちのワン達は元気いっぱいです(^.^)

 

 

さて今日は・・・

 

飼い主さんからの質問で、

「楽しそうなんですけどこのまま放っておいても良いのでしょうか?」

と聞かれることがあります。

 

アンちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

≪ジャックラッセルテリア アンちゃん≫

 

 

実はこれ、同じ質問内容でもシチュエーションが全く違ったりします。

 

 

例えば、

おもちゃで遊んでいる時、犬同士で遊ばせている時、お散歩の時、フードを与える時・・・

など状況は様々です。

 

 

ちなみに答えとしては『OK』であり『NG』でもあります。

 

 

ちょっと不思議な回答ですが要は、やり過ぎになっていないか?過剰ではないか?

が境となります。

 

 

少し例をあげてみて一緒に考えてみましょう。

 

 

例1)おもちゃで遊ぶ時

・おもちゃを準備する、もしくは退屈になる、と吠えて要求する

・手に持つと飛びついて取ろうとする

・与えると破壊しつくす、食べる

・取ろうとすると逃げる、うなる、咬む

 

『OK』でしょうか?『NG』でしょうか?

 

 

例2)犬に対しての反応(遊びたがっていると仮定して)

・犬を見ると興奮し突っ込んでいく

・犬を見ると吠える、鼻鳴きが止まらない

・とにかく上に乗りたがる(マウンティング)

・相手が逃げたり、拒んでいてもやめない

 

『OK』でしょうか?『NG』でしょうか?

 

 

 

何となくイメージできますよね??

 

 

確かに一見楽しそうにも見えるかと思いますが、行き過ぎた興奮はやはり『NG』です。

 

じゃあどうすれば良いか!?

 

上記の例の逆であれば良いのです!

 

・・・って言うほど犬の感情をコントロールするのは簡単ではないですね^_^;

 

なぜ難しいのか!!??

 

 

犬には様々な本能があります。

例えばおもちゃ遊びは狩猟本能に基づいています。

追いかけ⇒仕留め⇒咥えるといった一連の作業は正に狩りを再現しているのです。

 

この本能にちなんだ行動というのがコントロールするのに苦労し、非常に問題に発展し易いのです。

 

 

そりゃ当然興奮もしますよね。熱くなって我を忘れますよね。

 

 

例えば私なんかは食べることが好きですので、

好きなものだとテンション上がってついつい食べ過ぎてしまいます。

 

あー・・・やっちまった!!と後悔することもよくあります(T_T)

 

これもまさに本能にちなんだ興奮高めな良くない行動です(苦笑)

 

 

人間ですらこうですから、より動物的な犬達ならもっとです。

 

だからこそ本能的な行動を好き勝手にやらせ続けたり、ルールを教えなかったりすると

問題に発展するのです。

 

 

ここで大切なのがONとOFFです。

 

例えば遊びに当てはめて考えてみると、

・要求しても与えない

・飛びついたら与えない

・咥えたものを離すことを教える

・飼い主のペースで始める止める

 

こういったことを意識して接することが大切です。

 

興奮がいつまでも続かないように、また興奮してもすぐに落ち着かせられるように

犬の感情を飼い主さんがコントロール出来るようになることが最大のポイントですね。

 

 

犬によって何に対して興奮をするかは異なります。

 

ですから生活をもう一度見直してみても良いかもしれませんね。

 

意外とそれが問題の原因かも知れませんよ(^.^)

 

 

~~おまけ~~

IMG_0075⑤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪左 ボーダーコリー さつきちゃん♀  右甲斐犬 こたろうくん♂≫

 

上手に付き合えるようになるとこんなにラブラブになることも^m^

 

 

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

私も己の欲求をコントロールすべく頑張ります!!(笑)

 

 

 

代表 ジョニー

この記事の投稿者

feelfun

について

ドッグトレーニング専門施設「フィールファン」代表 ドッグトレーナー。
犬の内面や行動などを理解し心理的な部分からの問題の改善、飼い主さまと愛犬とのあいだに良き信頼関係を築くことに強いこだわりを持つ。

最近の記事一覧

シェア、お願いいたします!

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事にご興味がございましたら、ぜひシェアくださいませ!

コメント、お待ちしております!

この記事へのコメント、フィールファンへのコメントなどなど、コメントをお待ちしております!お気軽にどうぞ。
必須 が付いた項目は、ご入力必須項目となります。



(記入例:ご自由にご入力くださいませ。)

必須項目をご入力いただきましたら「送信する」ボタンをクリック(またはタップ)くださいませ。



(記入例:ニックネーム)

Facebookをご利用の場合は以下からコメントをどうぞ!

フィールファン代表 ドッグトレーナー
黒木敬史(Takashi Kuroki)からのご挨拶

初めてフィールファンにご来店のお客様へ。
フィールファンの、問題を改善するための取り組み方について。


フィールファン代表 ドッグトレーナー 黒木敬史(くろきたかし)

フィールファンにご来店いただき、誠にありがとうございます。

愛犬の問題をどうにかして改善したいとお考えの飼い主さまは多くいらっしゃいます。「どこかの施設に預ければ改善される」、「インターネットや本に書かれているような裏ワザ的な手法をおこなえば改善される」などとお考えの飼い主さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このような方法で問題を改善しようとしても、良い結果・効果は得られません。問題を改善するためには、飼い主さまと愛犬との関係、生活環境、年齢、犬種、性別、経験など、問題となる多くの要因を変えていかなければ、良い結果・効果は得られないのです。

フィールファンでは、このように数多くある問題の要因を発見し、生活環境を整え、飼い主さまと愛犬との関わり方をご理解いただき、信頼関係をより築いていくトレーニング(しつけ)で、問題の改善を実現いたします。

資格認定証明書

PSG認定コンパニオンドッグトレーナー範士証明書

PSG認定
コンパニオンドッグトレーナー範士

愛玩動物飼養管理士証明書

愛玩動物飼養管理士

フィールファンメディア

無料ご相談


「問題をどうにかしたいけど、何をすればよいかわからない」などのお悩みや、その他ご相談をお考えの飼い主さまに。まずはお気軽にご相談くださいませ!

愛犬の状態や生活環境などを細かくおうかがいし、飼い主さまと愛犬に最適なトレーニング方法をご提案させていただきます。

お問い合わせ


ご不明な点がございましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせださいませ!フィールファンへのご意見・ご感想もお待ちしております。

愛犬に関すること、ご質問、ご意見、ご感想などなど、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。