大阪府箕面市初の
ドッグトレーニング(しつけ)専門施設
「フィールファン」のブログ

フィールファンのことがすぐにおわかりいただけます!
ドッグトレーニングや犬のしつけ教室、ドッグデイケア保育の話題も


クレートトレーニング 撮影協力 lala (´‐ω‐')

クレート・ケージ・・・・についてのお話です。

日々、相談のお電話やHPを通しての相談が寄せられるなか よくお話にでてくるのがこのクレート・ケージに関してです。

様々なお話をお聞きします。
そこで今日のテーマは「休める場所」ということに絞ってお話していきます。

お家でよく使われているのは≪ケージ≫でしょうか。ケージの中に排泄できる環境が備わっているのも一般的かと思います。まわりが柵になっていてよく見渡せるのが特徴です。
排泄をした時などは気づきやすく、狭すぎないので、お留守番の長いお宅では重宝されますね。

(ここからはクレートトレーニング中のlalaちゃんの写真を合わせて紹介していきます。)

クレートトレーニング 撮影協力 lala(1)

lala見切れ中~

≪クレート≫犬の体より一回りほど大きいものを選ぶのが一般的ですが、全体が囲われていて前側や上側に扉のついたものです。車での移動時などに使うイメージでしょうか?
しかし、意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、犬を預ける機会の多いペットホテルやグルーミング施設ではこのクレートを使用していることが多くあります。

これにはしっかりとした理由があります。

周りがよく見渡せるような形状でなく、少しうす暗く、サイズも大き過ぎず、小さすぎないものは慣れない環境であっても、ある程度安心できることがあります。
※もちろんクレートそのものに、ある程度馴染みがあることが前提です※

クレートトレーニング 撮影協力 lala(2)

まずは安全かどうかチェック~

逆に言えば、あまり広すぎる環境では犬によって不安によるストレスを感じ、吠えたり、自分の体を噛んだり、または物を破壊したりする問題行動に発展します。

飼い主さんの留守中や他所に預ける際、過剰にストレスがかからないよう、ケージやクレートに慣れておくと安心ですね。

慣れない環境で慣れないクレートやケージに入れられ、出ようとして暴れた結果、歯や爪を傷つけるようなケースは少なくありません。

閉じ込めるのが可愛そうなのは事実です。ですがそれは慣れていないから。安心して休める場所として教えてあげれば問題行動も起こりにくく、留守中や預けた先でもストレスを感じにくくなります。

休める場所として教えていくためには「悪いことをしたから入れる場所」・「閉じこめる場所」であるという考えは捨てましょう。
ただし、イタズラをしそうな犬の場合、飼い主さんの目の届かない時はクレートなどでの管理は必須です。そういった意味でもクレートトレーニングを始めてみましょう!!

クレートトレーニング 撮影協力 lala(3)

まだ不安そうな顔( ..)φ

POINTは犬に納得させてすすめること。

オヤツで釣ったり ×

無理やり押したり ×

長時間トレーニングしたり ×

扉を閉めて物理的にでれなくしたり ×

犬に考えさせながら行うトレーニングです。長時間は集中が持ちません。
初めての時は数分から始め、良い結果で終われるようにしましょう♪

クレートのPOINTは中で犬が一周まわれるぐらいの大きさ。安定感のあるもの(中に入った時グラつかないもの)タオルなどの敷物があるとよりgood♪です。

クレートトレーニング 撮影協力 lala(4)

ちょっとやわらかい顔になってきた

今回は初めての挑戦ながら、数分×3回の練習で「ハウス」のコマンドで中に入ってフセして「OK」の合図が出るまで暫く休む。ってとこまでいきました。(要領よすぎ・・・(笑))

lalaちゃんとても優秀です(^v^)でも、最初は3分で頭の運動疲れた~~~ってなりましたよ(~o~)

犬に納得させながら、無理なく様々なトレーニングに向きあいましょう^m^

クレートトレーニング 撮影協力 lala(5)

どっこらしょと・・・

lalaちゃん、ご協力ありがとう~

この記事の投稿者

akiko

について

ドッグトレーニング(しつけ)専門施設「フィールファン」スタッフ。
動物専門学校を卒業後、犬の美容、ドッグラン、商品販売、生体管理などを併設する複合施設に7年間勤務する。日々様々な犬達と関わり経験や知識を深める。
現在、ドッグデイケア保育、パピー社会化プログラムを中心に家庭犬のしつけに従事する。

最近の記事一覧

シェア、お願いいたします!

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事にご興味がございましたら、ぜひシェアくださいませ!

クレートトレーニング 撮影協力 lala (´‐ω‐')」への4件のフィードバック

  1. こんにちは~(^o^)
    我が家も今これ!が大きな課題です。
    クレートトレーニング教えて頂きたいと思っていたところです!
    なんだか難しそう、と不安ですが向き合っていかなきゃ、いきたい、と思います。

    1. 柚子ママさん♪
      やりましょう!(^^)!クレートと、飛び出し対策!?(笑)
      多分、クレートはEasyですよ☆
      飛びだしの方が・・・努力がいるかも・・・(笑)
      土曜日、お会いできるの楽しみにしてますよ~♪

  2. ☆バニママ☆

    よく「閉じ込めたら可哀想」と言われる方が多いのですが、色々とやって欲しく無い事に困ってはります。
    閉じ込めるではなく=子供に部屋を与えるのと同じ様に安心出来る場所と考えて下さい。
    我が家にはバーニーズ3頭居ますが、全員自分の部屋を持ってます♪
    独房と悪態をつかれた事もありますが、言われた方宅はシェパ雑種約15頭・・・・・
    家の中はシッチャカメッチャカなので「汚い雑居房」と遣り返しました(笑)

    子犬の頃から慣らしてあげるとベストだと思ってます♪

    1. バニママさん。
      この閉じ込めるという表現は本当に目線の違いでしかありませんね。

      安心できる場所として早期から教えてあげれば、行動の管理を行うのに非常に役立ちます。

      ケージフリーでの事故やイタズラは犬の責任ではなく『人間の管理不行き届』ですから、そうならない為にも管理されることにストレスを感じないよう育てることが大切ですね。

      なんにつけてもですが仔犬から教えることが本当にベストです(^.^)

コメント、お待ちしております!

この記事へのコメント、フィールファンへのコメントなどなど、コメントをお待ちしております!お気軽にどうぞ。
必須 が付いた項目は、ご入力必須項目となります。



(記入例:ご自由にご入力くださいませ。)

必須項目をご入力いただきましたら「送信する」ボタンをクリック(またはタップ)くださいませ。



(記入例:ニックネーム)

Facebookをご利用の場合は以下からコメントをどうぞ!

フィールファン代表 ドッグトレーナー
黒木敬史(Takashi Kuroki)からのご挨拶

初めてフィールファンにご来店のお客様へ。
フィールファンの、問題を改善するための取り組み方について。


フィールファン代表 ドッグトレーナー 黒木敬史(くろきたかし)

フィールファンにご来店いただき、誠にありがとうございます。

愛犬の問題をどうにかして改善したいとお考えの飼い主さまは多くいらっしゃいます。「どこかの施設に預ければ改善される」、「インターネットや本に書かれているような裏ワザ的な手法をおこなえば改善される」などとお考えの飼い主さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このような方法で問題を改善しようとしても、良い結果・効果は得られません。問題を改善するためには、飼い主さまと愛犬との関係、生活環境、年齢、犬種、性別、経験など、問題となる多くの要因を変えていかなければ、良い結果・効果は得られないのです。

フィールファンでは、このように数多くある問題の要因を発見し、生活環境を整え、飼い主さまと愛犬との関わり方をご理解いただき、信頼関係をより築いていくトレーニング(しつけ)で、問題の改善を実現いたします。

資格認定証明書

PSG認定コンパニオンドッグトレーナー範士証明書

PSG認定
コンパニオンドッグトレーナー範士

愛玩動物飼養管理士証明書

愛玩動物飼養管理士

フィールファンメディア

無料ご相談


「問題をどうにかしたいけど、何をすればよいかわからない」などのお悩みや、その他ご相談をお考えの飼い主さまに。まずはお気軽にご相談くださいませ!

愛犬の状態や生活環境などを細かくおうかがいし、飼い主さまと愛犬に最適なトレーニング方法をご提案させていただきます。

お問い合わせ


ご不明な点がございましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせださいませ!フィールファンへのご意見・ご感想もお待ちしております。

愛犬に関すること、ご質問、ご意見、ご感想などなど、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。